トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Planet のバックアップの現在との差分(No.52)


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#norelated
* 惑星セミナー2019 [#zbb5ecca]
* 惑星セミナー2021 [#zbb5ecca]

惑星セミナーは原則として毎週木曜日の14:00から理論部セミナー室で開催しています。~
astro-phセミナーは毎週金曜日の12:00から理論部セミナー室で開催しています。
惑星セミナーは原則として毎週木曜日の15:00から開催しています。(連絡係:星野 遥, 荒川 創太, 高橋 実道,古家 健次)~
astro-phセミナーは毎週月曜日の12:00から開催しています。(連絡係:Carol Kwok,瀧 哲朗)

// セミナー発表順番
// 

** Schedule & History [#vfafd1d8]

[[2020年度>Planet2020]]
[[2019年度>Planet2019]]
[[2018年度>Planet2018]]
[[2017年度>Planet2017]]
[[2016年度>Planet2016]]
[[2015年度>Planet2015]]
[[2014年度>Planet2014]]

|BGCOLOR(#ccf):|BGCOLOR(#ffc):|BGCOLOR(#ffc):|BGCOLOR(#fcf):|c
|日程|発表|タイトル|Remarks|h
|BGCOLOR(#ccf):|BGCOLOR(#ffc):|BGCOLOR(#ffc):|BGCOLOR(#fcf):|c
//|BGCOLOR(#ddf):|BGCOLOR(#ffd):|BGCOLOR(#ffd):|c
|[[前期 第1回 4/11 14:30->#planet0411]]|Shinsuke Takasao| 3D MHD simulations of Inner Protoplanetary Disks |14:30|
|[[前期 第2回 4/18 14:00->#planet0418]]|Guest | TBA ||
|[[前期 第3回 4/25 14:00->#planet0425]]|Kazunari Iwasaki | TBA ||
|BGCOLOR(#ccf):|BGCOLOR(#ffc):|BGCOLOR(#ffc):|BGCOLOR(#fcf):|BGCOLOR(#cff):|c
|日程|発表|タイトル|Remarks|担当|h
|BGCOLOR(#ccf):|BGCOLOR(#ffc):|BGCOLOR(#ffc):|BGCOLOR(#fcf):|BGCOLOR(#cff):|c
//|BGCOLOR(#ddf):|BGCOLOR(#ffd):|BGCOLOR(#ffd):|BGCOLOR(#cff):|c
|[[前期 第1回 4/15 15:00->#planet0415]]|All members| Self-introduction ||古家|
|[[前期 第2回 4/22 15:00->#planet0422]]|All members| Self-introduction ||古家|
|[[前期 第X回 5/13 14:00->#planet0513]]|Teruyuki Hirano (ABC)| TBD |14:00|古家|


//今後の候補
//内部:小久保、押野、荻原、波々伯部、Carol、星野
//原川さん、森島さん、森さん(東工大)、芝池さん(東工大)
//小林さん(名大)、佐々木さん(京大)←理論コロキウム?
//高橋実道さん,長谷川幸彦さん
//小久保さん:兵頭さん(JAXA), 玄田さん(ELSI), 金子さん(東工大中本研),田中秀和さん(東北大)
//荻原:駒木さん(東大)
//荒川:長谷川幸彦さん (東大駒場)
//古家:Gianni Cataldi(東大天文)
//石澤さん(京大)
//森島さん

// ←ダブルスラッシュはコメントアウト
//:&aname(planet0418){4/18}; Dimitri Veras, The growing field of post-main-sequence exoplanetary science, with strong connections to the solar system|
//The quest for identifying the bulk chemical composition of extrasolar planets and robust observational evidence that between 25% and 50% of all Milky Way white dwarfs host currently dynamically-active planetary systems motivate investigations that link their formation and fate. Here I provide a review of our current knowledge of these systems, including an update on the observational and theoretical aspects of the groundbreaking discovery of at least one disintegrating minor planet transiting white dwarf WD 1145+017. I show how this field incorporates several facets of solar system physics and chemistry, and how its interdisciplinary nature requires input from orbital dynamics, stellar evolution, astrochemistry, atmospheric science and surface processes.

//アブスト

//:&aname(planet1107){5/21}; 名前 タイトル|
//アブスト