トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Planet のバックアップ(No.82)


惑星セミナー2019

惑星セミナーは原則として毎週木曜日の14:00から理論部セミナー室で開催しています。
astro-phセミナーは毎週金曜日の12:00から理論部セミナー室で開催しています。

Schedule & History

2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度

日程発表タイトルRemarks
前期 第1回 4/11 14:30-Shinsuke Takasao3D MHD simulations of Inner Protoplanetary Disks14:30
前期 第2回 4/18 14:00-Carina Heinreichsberger (Universität Wien)Terrestrial or Gaseous? A classification of exoplanets according to density, mass and radius
前期 第3回 4/25 14:00-Kazunari IwasakiChemistry in Debris Disks
前期 第4回 5/16 14:30-Yuhito Shibaike (Tokyo Tech)A new formation scenario for the Galilean satellites14:30
前期 第5回 5/23 15:30-Yuji Matsumoto (ASIAA)The orbital stability of planets in resonances considering the evolution of mass ratio15:30
前期 第6回 6/13 14:00-Hiroaki Kaneko (Tokyo Tech)ストリーミング不安定の発生機構の物理的解釈In Japanese
前期 第7回 6/20 14:00-Yuhiko Aoyama (University of Tokyo)TBA
4/18 Carina Heinreichsberger, Terrestrial or Gaseous? A classification of exoplanets according to density, mass and radius
When looking at Exoplanet Archives the class of a planet is not given. Therefore I tried to find an easy and fast way to classify exoplanets using only density, mass and radius. In this talk I will discuss the formation theory of Planets to explain the boundaries between the different classes (gas, terrestrial) and show the results of my empirical study.
5/16 Yuhito Shibaike, A new formation scenario for the Galilean satellites
It is generally accepted that the four major (Galilean) satellites formed out of the gas disk that accompanied Jupiter’s formation. I will discuss a new formation scenario for the Galilean satellites, based on the capture of several planetesimal seeds and subsequent slow accretion of pebbles. Our slow-pebble-accretion scenario can reproduce the following characteristics: (1) the mass of all the Galilean satellites; (2) the orbits of Io, Europa, and Ganymede captured in mutual 2:1 mean motion resonances; (3) the ice mass fractions of all the Galilean satellites; (4) the unique ice-rock partially differentiated Callisto and the complete differentiation of the other satellites.
6/13 Hiroaki Kaneko, ストリーミング不安定の発生機構の物理的解釈
Youdin & Goodman (2005)(YG05)が発見したダスト・ガスの二流体の線形不安定 “Streaming Instability” (SI)によるダスト密度上昇とそれに続く自己重力崩壊が微惑星形成の一つの可能性として考えられている。SIについては線形および非線形の数値計算がされていて不安定が存在することは確かであるものの、メカニズムははっきりしていない。今回は各物理量の摂動の位相差に注目して、ガスが支配的な場合におけるSIのメカニズムを提案する。それは以下の通りである。 1. 基本場としてガスはダストから角運動量を受け取り、中心星より遠方へと運動する。ダスト密度に濃淡があるとすると、ダスト密度の違いによってガスへの角運動量の供給に違いが生じ、半径方向にガス圧力の摂動ができる。 2. 高圧部からは鉛直方向にガスが流出し、低圧部にはガスが流入する。ダストもこれに引きずられ、同様に高圧部から流出、低圧部に流入する。 3. ガスが支配的な状態ではダスト密度の摂動の位相は中心星方向に進む。ダスト密度の極大はガスの低圧部へと向かい、そこで鉛直方向から流入するダストと合流し、ダスト密度の摂動の振幅が大きくなる。