国立天文台 理論研究部

Web Release

世界最大規模の天の川銀河シミュレーション

f5c


オランダ・ライデン大学のユルン・べドルフ氏、シモン・ポルテギースズワート氏、国立天文台理論研究部の藤井通子 特任助教(国立天文台フェロー)らの研究チームはアプリケーション「Bonsai」を開発し、18600台のGPUを用いた計算により、これまでで最大規模の天の川銀河進化の数値シミュレーションを成功させました。計算に用いた粒子数は約2400億であり、この計算により初めて、天の川銀河の星の観測データと直接比較可能なシミュレーションデータを得ることができるようになりました。さらにこのシミュレーションでは使用したGPUの数に対して単精度で世界最速の実効性能 24.77Pflops(1秒間に2.477京回の計算)を達成しました。このシミュレーションの性能と科学的意義が評価され、2014年のゴードン・ベル賞のファイナリストとして選出されました。詳しくはウェブリリース「世界最大規模の天の川銀河シミュレーション」をご覧ください。
(2014/11/12)
“24.77 Pflops on a Gravitational Tree-Code to Simulate the Milky Way Galaxy with 18600 GPUs”, by Jeroen Bédorf, et al., 2014 ACM/IEEE conference on Supercomputing (SC14), New Orleans, Louisiana, USA, Nov. 2014
[ACM Digital Library]
藤井 通子 [personal website]

Conference/Workshop

理論天文学研究会2014
2014年11月10日-12日 @館山
詳しくは研究会HPをご覧下さい。
http://th.nao.ac.jp/MEMBER/zenitani/meeting2014.html

archives

Research Highlights

超新星SN 2011dhの出現場所に明るい青い星を発見

f5c


東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構、ラプラタ大学、京都大学、国立天文台などの国際研究グループは、およそ3年前に近傍銀河M51で起こった超新星SN 2011dhの場所をハッブル宇宙望遠鏡を用いて観測し、そこに明るい青い(質量の大きい)星が存在していることを発見しました。この大質量星は、超新星SN 2011dhの爆発前の(黄色超巨)星と対をなす(主系列)星としてその存在が理論的に予測されていましたが、それが今回の観測によって実証されたことになります。この発見により、超新星SN 2011dhは大質量連星系で起こった爆発であることが明らかになり、連星系の進化と超新星爆発の関連性ついて大きく理解が進むと期待されます。
詳しくは、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構の [ウェブリリース]をご覧ください。 (画像は、NASA/カブリ数物連携宇宙研究機構より)
(2014/9/19)
A Blue Point Source at the Location of Supernova 2011dh, by Gaston Folatelli, et al., 2014, ApJ Letters, 793, L22 (5pp) [ADS] [arXiv]
野沢 貴也 [personal website]



"すかすか"ダストはどう観測する?


惑星の種であるダストは、その合体成長過程においてすき間の多い構造を持つことがわかってきました。このようなダストは観測できるのでしょうか?
我々は、すき間の多い"ダストアグリゲイト"の観測的な特徴を調べました。その結果、従来1ミリメートルのコンパクトなものだと思われていた原始惑星系円盤の電波放射は、惑星形成理論で予測される半径10m・充填率0.0001のダストアグリゲイトでも解釈可能であることがわかりました。更に我々は、今後ALMAで期待される観測によって、ダストはすかすかなのかコンパクトなのかを区別できることを示しました。
(2014/09/10)

Kataoka et al. 2014, A&A 568, A42, "Opacity of fluffy dust aggregates"
[ADS]
片岡 章雅 (personal website)



News

archives

For PhD Students

大学院生として国立天文台理論研究部で研究するには、次の3つの方法があります。

詳細は、受け入れを希望する教員に連絡をとってください。
理論研究部で行われている研究に関しては、
研究紹介のページ を参照してください。