国立天文台 理論研究部

News

archives

Research Highlights

アマチュア天文家の捉えた超新星爆発は、爆発の瞬間だった!


ラプラタ国立大学天体物理学研究所、東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)、国立天文台、京都大学などの研究者らからなる国際研究チームは、アルゼンチンのアマチュア天文家のVíctor Buso氏が偶然観測した超新星が、ショックブレイクアウトと言われる爆発したばかりの段階であったということを、観測データの解析及びシミュレーションから明らかにしました。ショックブレイクアウトは、理論から長年予測されていたものの、継続時間の短いとされる現象のためこれまで観測で捉えられたことはなく、世界中の研究グループにより探されてきました。重い質量の星がどのように超新星爆発として爆発するのかを理解する上で、今回得られた超新星爆発の最初の瞬間の情報は大変重要な一歩です。本研究成果は英国科学雑誌 Nature の2018年2月22日号に掲載されました。国立天文台からは、理論研究部の田中雅臣 助教と守屋尭 特任助教が研究チームに参加しています。

詳細は以下ををご覧ください:
Kavli IPMU プレスリリース「アマチュア天文家の捉えた超新星爆発は、爆発の瞬間だった!」
(2018/2/22)

図:Víctor Buso 氏によって撮影された銀河の画像。赤い丸で示すように、超新星 SN2016gkg は NGC613 の銀河の外れに出現した。各画像右下は撮影時刻を表す。右下のグラフで示すように、超新星は1時間以内のうちに出現して光り輝き、安定的に明るくなっている。(Credit: Bersten et al.)

“A surge of light at the birth of a supernova”, M. C. Bersten et al., 2018, Nature [Nature]

田中雅臣[personal webpage]
守屋尭[personal webpage]



archives

For PhD Students

大学院生として国立天文台理論研究部で研究するには、次の3つの方法があります。

詳細は、受け入れを希望する教員に連絡をとってください。
理論研究部で行われている研究に関しては、
研究紹介のページ を参照してください。

理論研究部にて学生生活を送った方の進路については
理論研究部を巣立った人々のページを参照してください。